カーライフ

コスパ最強 中古車 suvのおすすめ3選をタイプ別でご紹介!

「コスパ最強のSUV中古車を探しているけど、どのSUVを選んで良いのか分からない」という方いませんか?

この記事ではこんな悩みを抱えた方に向けて記事を書いています。

・コスパ最強の中古SUVを見つけたい

・中古車のSUVを選ぶ際の注意点も教えてほしい

・中古車SUVにはどのような車があるのか理解したい

近年、需要を高め続けているSUVですが、2022年現在でもその人気が衰えることはありません。

新車の納期遅れにより「SUV車が欲しくても車がすぐに届かない」状況が続いていますが、その分、中古車SUV車の需要が爆発的に伸びています。

この記事ではコスパ最強の中古車SUVの選び方や購入する際の注意点について解説していきます。この記事を参考にしてあなただけのコスパ最強中古車suvを選びましょう。

あわせて読みたい
中古車の高騰いつまで続くのか?中古車価格変動率+28%強で80万円も値上がりに!

なんと、中古車価格変動率で+28%強・変動価格差+80万円をたたき出したのはトヨタ カローラクロスである。この車種はちょうど一年前の9月にデビューしたばかりだが半導体不足やサプライチェーンの分断もしく ...

続きを見る

コスパ最強中古車suvのおすすめ&狙い目!

コスパ最強の中古車SUVには色々な種類があります。

1.クロスオーバーSUV

2.クロスカントリーSUV

3.ミドルSUV

4.コンパクトSUV

5.軽SUV

6.外車SUV

1つ1つのSUVについての解説とおすすめSUVをベスト3形式で紹介します。

クロスオーバーsuv中古車ベスト3 

クロスオーバーSUVとは、スポーツタイプのデザインを採用したSUVモデルです。

デザイン性能の他にも走破性に優れており、乗り心地や加速性能にも満足して頂けます。クロスオーバーsuvの中古車ベスト3を下記にまとめました。

その中でも、クロスオーバーSUVの中でベスト1は何と言っても新型日産キックスです。

2021年に発売された新型モデルでありながらも他メーカーのSUVを引き付けさせない圧倒的な人気があります。

発表から時期があまり経っていない車になりますが、見つけた場合にはすぐにでも購入すべきコスパ最強の中古車SUVです。

クロスオーバーsuvの購入検討の場合には是非参考にしてみてください。

ベスト1位.キックス

価格帯(カーセンサー)1,890,000円〜3,247,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン1.2L直列3気筒
寸法全長 4,290 mm x 全幅 1,760 mm x 全高 1,605 mm
車両重量1,360 ~ 1,480 kg
特徴高い燃費性能・本格的な走りを両立している

ベスト2位.CX5

価格帯(カーセンサー)720,000円〜7,481,000円
駆動方式四輪駆動
エンジン直列型エンジン
寸法全長 4,825 mm x 全幅 1,885 mm x 全高 1,835-1,850 mm
車両重量2,050〜2,330kg
特徴ラダーフレーム構造で曲げや捻りに強い・大型なのに小回りが効く

ベスト3位.フォレスター

出典:auto sport

価格帯(カーセンサー)720,000円〜7,481,000円
駆動方式四輪駆動
エンジン直列型エンジン
寸法全長 4,825 mm x 全幅 1,885 mm x 全高 1,835-1,850 mm
車両重量2,050〜2,330kg
特徴ラダーフレーム構造で曲げや捻りに強い・大型なのに小回りが効く

クロスカントリーsuv中古車ベスト3 

クロスカントリーsuvとは、雪道や林道などの悪路に特化した車のことを意味します。走破性に優れていることもあり、「FF」「4WD」のどちらも人気が高いsuvです。クロスカントリーsuvの中古車ベスト3を下記にて紹介します。

クロスカントリー中古車suvの中でダントツにおすすめは「ジムニー」です。

SUV車らしくがっしりとした車の構造を採用しながらも、まさに「オフロードSUV車」とも呼ばれるほど走破性に優れています。クロスカントリーSUVがほしい場合には、1番おすすめしたいコスパ最強車です。

ベスト1.ジムニー

価格帯(カーセンサー)720,000円〜7,481,000円
駆動方式四輪駆動
エンジン直列型エンジン
寸法全長 4,825 mm x 全幅 1,885 mm x 全高 1,835-1,850 mm
車両重量2,050〜2,330kg
特徴ラダーフレーム構造で曲げや捻りに強い・大型なのに小回りが効く

ベスト2.ランドクルーザープラド

価格帯(カーセンサー)720,000円〜7,481,000円
駆動方式四輪駆動
エンジン直列型エンジン
寸法全長 4,825 mm x 全幅 1,885 mm x 全高 1,835-1,850 mm
車両重量2,050〜2,330kg
特徴リセール狙いならTXLパッケージがおすすめ!

出典:トヨタ

ベスト3.ジムニーシエラ

出典:価格.com

価格帯(カーセンサー)498,000円〜3,380,000円
駆動方式パートタイム式4WD
エンジン直列4気筒エンジン
寸法 全長 3,550 mm x 全幅 1,645 mm x 全高 1,730 mm
車両重量1,080〜1,090kg
特徴新型は本格的なオフロードカー・モノコックではない昔ながらのフレームを採用で悪路を走破

ミドルsuv中古車ベスト3 

ミドルsuvとは、SUV車の中でもボディサイズが中間モデルのSUVを意味します。ミドルsuv中古車の中でもおすすめするベスト車を3つまとめました。

ミドルsuvの中で1番おすすめする車がトヨタのハリアーです。

SUV車の中でもトップ3に必ず入るほどの販売台数と人気を記録するハリアーは車としての需要も高く、仮に乗り換えを検討する場合でも高価買取金額が期待できます。

また、内装、外装ともに高級感があり中古車suvの中でも購入して後悔が少ないコスパ最強の車です。ミドルクラスの中古車suvをお探しの方は是非参考にしてみましょう。

ベスト1.2代目ハリアー

出典:ビークルズ

価格帯(カーセンサー)398,000円〜1,890,000円
駆動方式電気式4WDシステム・FF
エンジンV6・直列4気筒・ハイブッドエンジン
寸法全長 4,740 mm x 全幅 1,855mm x 全高 16,660mm
車両重量1,530〜1,750kg
特徴国内初ハイブリッドSUV・0〜100km/h加速7.3秒

ベスト2.スバルXV

出典:webcg

価格帯(カーセンサー)1,098,000円〜3,450,000円
駆動方式四輪駆動
エンジン水平対向エンジン
寸法全長 4,485 mm x 全幅 1,800 mm x 全高 1,550-1,575 mm
車両重量1,410〜1,550Kg
特徴シンメトリカルAWDにより悪路走破性が向上・男女構成比、女性16%

ベスト3.CR-V

出典:ホンダ公式サイト

価格帯(カーセンサー)268,000円〜4,550,000円
駆動方式四輪駆動・前輪駆動
エンジン直列型エンジン
寸法 全長 4,605 mm x 全幅 1,855 mm x 全高 1,680-1,690 mm
車両重量1,520〜1,700Kg
特徴ロングドライブからアウトレジャーまで幅広く使える

コンパクトsuv中古車ベスト3

コンパクトsuvとは、suvの中でも小回りが効きやすくボディサイズが小さめの車を意味します。コンパクトSUVについてもおすすめする中古yさsuvをベスト3形式でまとめました。

コンパクトSUVは中古車suvの中でも人気が高い車です。

その中でも1番おすすめする車は「ヤリスクロス」になります。

ボディサイズもそこまで大きくなく小回りが効きやすいヤリスクロスは、運転が苦手な方や女性ファンも一瞬で取り込んでしまうような車としての魅力がある車です。

中古車のsuvを購入したとしても後悔することは一切ないコスパ最強の車です。コンパクトsuvの購入を検討している方は是非参考にしてみましょう。

ベスト1.ヤリスクロス

出典:レスポンス

価格帯(カーセンサー)1,838,000円〜4,048,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法 全長 4,180-4,200 mm x 全幅 1,765 mm x 全高 1,580-1,590 mm
車両重量1,110〜1,270Kg
特徴コンパクトサイズSUVだから大人気!街乗もラクラクSUV!

ベスト2.ヴェゼル

出典:価格.comマガジン

価格帯(カーセンサー)686,000円〜4,450,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法 全長 4,330-4,340 mm x 全幅 1,790 mm x 全高 1,580-1,590 mm
車両重量1,250〜1,450Kg
特徴ハイブリッド、燃料車にかかわらず低燃費!リセールに期待大!

ベスト3.ライズ

出典:レスポンス

価格帯(カーセンサー)1,298,000円円〜2,958,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法 全長 3,995 mm x 全幅 1,695 mm x 全高 1,620 mm
車両重量970〜1,070Kg
特徴運転しやすいコンパクトSUV・大容量ラゲージスペース

軽suv中古車ベスト3

軽自動車クラスの中古車suvについてもおすすめする車をベスト3形式で紹介します。

軽suvの中古車の中で1番おすすめする車は「タフト」です。

街中やアウトドアどちらでも映えるボディデザインが魅力的な車であり、軽自動車suvの中でも人気が高い特徴があります。

また、価格帯も100万円〜200万円以内とお手頃な金額帯になっていることも魅力の一つです。軽中古車suvの購入を検討している方は是非参考にしてみましょう。

ベスト1.ダイハツタフト

出典:Car Watch

価格帯(カーセンサー)1,098,000円〜2,280,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,630 mm
車両重量830〜890Kg
特徴抜群の収納スペース・ターボ車での燃費も20.2km/Lで多目的に使用可能

出典:Car-Watch

ベスト2.スズキハスラー

出典:レスポンス

価格帯(カーセンサー)950,000万円〜2,650,000円
駆動方式四輪駆動・前輪駆動
エンジン直列エンジン
寸法全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,680 mm
車両重量810~890kg
特徴低燃費で力強い走行が可能

ベスト3.ekクロス

出典:レスポンス

価格帯(カーセンサー)798,000円〜1,699,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法全長 3,395 mm x 全幅 1,475 mm x 全高 1,650 mm
車両重量850〜1,080Kg
特徴日産ルークスと兄弟車・広々室内で収納がいっぱい!

出典:レスポンス

外車suvベスト3

外車の中にも色々なsuv仕様車があります。その中でも中古車suvとしておすすめする車をベスト3形式で紹介します。

外車suvの中で1番コスパ最強suvは「ジープレネゲート」になります。

需要とリセールバリューの高い特徴のあるジープレネゲートは、中古車としても人気が高く、販売するとすぐに完売してしまうほどの圧倒的な需要があります。

中古車の外車suvの中では1番おすすめしたいコスパ最強車です。外車suvの購入を検討している方は是非参考にしてみましょう。

ベスト1.クライスラー・ジープレネゲート

出典:Jeep

価格帯(カーセンサー)1,270,000円〜5,600,000円
駆動方式四輪駆動・前輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法全長 4,255 mm x 全幅 1,805 mm x 全高 1,695-1,725 mm
車両重量1,410〜1,860Kg
特徴ハイブリットも追加・乗り心地は非上にソフト

出典:Jeep

ベスト2.ボルボXC40

出典:レスポンス

価格帯(カーセンサー)3,050,000円〜5,990,000円
駆動方式四輪駆動・全輪駆動
エンジン 直列型エンジン
寸法 全長 4,425-4,440 mm x 全幅 1,875 mm x 全高 1,650-1,660 mm
車両重量1,650〜2,150Kg
特徴2018~2019年カーオブザイヤー受賞

ベスト3.アウディQ5

出典:レスポンス

価格帯(カーセンサー)780,000円〜7,980,000円
駆動方式フルタイム4WDフルタイム4WD
エンジンV6/直列4気筒
寸法全長 4,680mm x 全幅 1,900 mm x 全高 1,665 mm
車両重量1,820〜1,900Kg
特徴ニューモデルになり燃費向上・中古でも古く見えない

中古車100万以下ベスト3

中古車のsuvを購入検討している方の中には「100万円以下のsuvを探している」と考えている方もいるかもしれません。

車は高額商品になりますので、人それぞれ支払いできる予算が異なります。その中でも100万円以内で購入できるコスパ最強suvを3つまとめました。

100万円以内の中古車suvの中で1番おすすめする車は「2代目ハリアー(ハイブリッド)」です。

3代目、4代目と次々モデルチェンジを繰り返してきた車ですが、2代目ハリアーとしては年式も古い車であり、中古車として100万円以内で購入しやすい車になっています。

また、ガソリンモデルではなくハイブリッドモデルである為、燃費性能の良さも期待できます。外車suvの購入を検討している方は是非参考にしてみましょう。

ベスト1.2代目 トヨタ・ハリアー(ハイブリッド)

出典:Wikipedia

価格帯(カーセンサー)770,000円〜1,680,000円
駆動方式4WD(E-Four)/FF
エンジンV6
寸法全長 4,775mm x 全幅 1,845mm x 全高 1,690mm
車両重量2,205〜2,235Kg
特徴2200Kgを超える重量で17.8kmの燃費を誇る(カタログ燃費)

ベスト2.トヨタ・ヴァンガード

出典:Wikipedia

価格帯(カーセンサー)580,000円〜1,780,000円
駆動方式4WD(E-Four)/FF
エンジンV6/直4DOHC
寸法全長 4,570mm x 全幅 1,855mm x 全高 1,690mm
車両重量1,620〜1,700Kg
特徴プラットフォームはRAV4と同じ・パワフルな走行性能

出典:Wikipedia

ベスト3.2代目 日産・エクストレイル

出典:ガリバー

価格帯(カーセンサー)280,000円〜2,498,000円
駆動方式2WD/4WD
エンジン2.0DOHC/2.0DOHCクリーンディーゼル(M9R)
寸法全長 4,590mm x 全幅 1,785mm x 全高 1,685mm
車両重量1,440〜1,700Kg
特徴ミッションは2代目からCVTを使用

出典:ガリバー

買ってはいけないsuvとは? 

買ってはいけないsuvの特徴を2つまとめました。

・点検記録簿が付いていないsuv

・事故車

ですので、中古車suvを購入する場合には「点検記録簿が付帯しているのか」や「事故車ではないか」なども合わせて確認するようにしましょう。

中古車suvの選び方

中古車suvの中でもコスパ最強の選び方には3つのポイントがあります。

ポイント1.都会派

ポイント2.アウトドア派

ポイント3.リセール派

それぞれの選び方について詳しくみていきましょう。

都会派

まずは外観を重視する都会のデザインの選び方です。

都会派とは、高層ビルや高層ビルなどが建つ街並みでもしっくりくるような都会的なデザインを採用した車のデザインのことであり、洗練されたデザインから力強いデザインまで幅広いデザインのsuvがあります。

中古車suvを購入検討している場合にも「外観デザイン重視」で判断するのも良い方法かもしれません。都会派のデザインは車をみていても飽きがこず、長年気に入って頂ける特徴もあります。

アウトドア派

次にアウトドア重視で中古車svuを選ぶ方法です。

suvの中にはアウトドア仕様の車がたくさんあり、悪路に強い走破性の優れたsuvからエンジンの力強さ重視のsuvまで幅広いアウトドアモデルのsuvがあります。

また、プライベートでキャンプや車中泊をする機会の多い方にとっては最適なsuv車の選び方かもしれません。

コスパ最強の中古車suvの選び方の一つとしておすすめしたい方法です。アウトドア仕様の中古車suvを購入して自分だけのコスパ最強車を手にいれましょう。

リセール派(高額転売が狙える)

次にsuv車としてのリセールバリューで選ぶ方法です。

リセールバリューとは購入した車を売却した場合にどのくらいの金額が買取金額として算出されるかのことであり、リセールバリューが高い車ほど人気が高い傾向があります。

また、人気の高い車であるほど高価買取が期待できます。ここ数年で購入したsuvからの乗り換えを検討している人はリセール派で判断するにも良い方法です。

リセールバリューの高い車を選んで、次の乗り換えや買い替えの際の高価買取を狙いましょう。

そもそもsuvとは?

そもそもsuvという言葉の由来は「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」のことを意味しており、スポーツ用多目的車としての車の価値があります。

また、他の車よりも車高が高く運転しやすい点や走破性、デザイン性能に優れていることからも多くの方から支持を得ている車です。

どんな人でも一度は「suv車に乗りたい」と感じてしまうほど車としての魅力が満載になっています。

まとめ

今回は中古車suvの中でもコスパ最強のsuvを紹介してきました。近年、需要が高まり続けているsuvですが、メーカーによって外観デザインや走行性能に大きな違いがあります。

その中でも人気に拍車をかけているのが「コンパクトsuv」ではないでしょうか。

乗用車で言えば「カローラ」並みの大きさでsuvに乗ることができ、性能、燃費もなんら変わりません。

それであればオンロードからアウトドアまで多機能なsuvを選択するのがベストです。

もちろん車両の価格も通常のsuvから見ると抑えられるので、これこそが「コスパ最強suv」かもしれません。

そんなことから人気のコンパクトsuvは、新車で注文すると車種によっては1年以上待つのは当たり前なので、現物のある中古車の選択肢も良いかもしれません。

ただ、この中古車も最近では過去に例を見ないほどの高騰を見せております。

そのため市場価格が上がり、人気車種は割高になるケースも見られます。

買うには高いのですが、売ることを考えると高額で売却できるチャンスかもしれません。

時代時代にあった、車の売買をすることがお得だと思います。

また、中古車suvの購入を検討している場合には「点検記録簿の有無」や「年式」「事故歴」などを必ず確認してから購入するようにしましょう。

-カーライフ