フェアレディz 国産車

「Z35ではなくRZ34」その理由と最新フェアレディーの全貌と魅力に迫る!

出典:日産自動車

「本ページは一部プロモーションを含みます

日産フェアレディZシリーズの最新モデル、RZ34は、多くの自動車愛好家が注目する存在です。

多くの人々が「Z35ではない」という疑問を持ちながら、この新しいRZ34に関心を寄せています。

その理由は明確です。RZ34は、先代モデルとは一線を画す、独自の魅力と先進技術を備えているからです。

この記事では、RZ34が持つ個性と、なぜZ35ではなくRZ34という名称が選ばれたのかについて、その魅力と共に深掘りしていきます。

新しいフェアレディZの進化した姿を通じて、RZ34がもたらす新たな自動車の楽しみ方を探求していきましょう。

NISSAN公式

この記事でわかること!

  1. RZ34のモデル名がZ35ではなく選ばれた理由
  2. RZ34の独自の魅力と特徴
  3. RZ34の技術的進化と性能に関する詳細
  4. フェアレディZシリーズの歴史とRZ34の位置づけ

Z35ではなくRZ34:新時代のスポーツカー

出典:グーネット

本来ならZ34からZ35になるはずなのに、なぜRZ34になったのか

フェアレディZの命名において、通常は数値が逐次上昇することが期待されます。

つまり、Z34の次はZ35となるはずです。しかし、最新モデルはRZ34と名付けられました。

この変更の背後には、日産の新たな方針があります。

RZ34は、単なる数値の進行以上の意味を持ち、モデルの大幅な進化と革新を象徴しています。

また、「R」の追加は、このモデルが先代に対して大きな技術的進歩を遂げたことを示し、よりレーシング志向の強い特徴を強調しています。

この名称変更は、日産がフェアレディZの歴史を尊重しつつ、未来に向けて新たなステップを踏み出していることを示しています。

正式には「RZ34」:名称変更の理由

RZ34は日産フェアレディZの最新モデルであり、その命名には特別な意味が込められています。

多くのファンが予想した「Z35」という名前ではなく、「RZ34」とされたのは、伝統を継承しつつも、より先進的なアプローチを取り入れた新しい章の開始を意味しています。

この変更は、日産が新世代のスポーツカーに対する独自のビジョンを反映しており、車のアイデンティティに深く関わっています。

基本スペックとその進化

RZ34は、現代のスポーツカー市場における日産の先駆者としての地位を確固たるものにしています。

このモデルは、3.0リッターのV6ツインターボエンジンを搭載し、その力強いパフォーマンスはスリリングなドライビング体験を提供します。

車両の全長、全幅、全高はそれぞれ4,530mm、1,850mm、1,310mmで、これによりスポーティで俊敏なハンドリングが可能となっています。

車重は約1,500kgと、驚異的な軽量化を実現しており、これが加速性能に直接寄与しています。

また、最先端のアクティブサスペンションシステムと組み合わせることで、優れた安定性と操縦性を実現しています。

内装においては、最新のインフォテインメントシステムや快適なシートがドライバーを迎え、長時間のドライブでも疲れにくい設計となっています。

項目スペック
全長4,530 mm
全幅1,850 mm
全高1,310 mm
車両重量約1,500 kg
エンジン種類3.0L V6 ツインターボ
最大出力400馬力以上
最大トルク47.4 kgf・m
燃費約9~10 km/L

馬力:パワーと効率のバランス

RZ34のエンジンは、最新の自動車技術の集大成と言えるものです。

このツインターボV6エンジンは、400馬力以上の出力を発揮し、最大トルクは47.4kgf・mに達します。この強力なエンジンは、加速時における力強い推進力と、クルージング時のスムーズな走行を提供します。

さらに、燃料効率にも優れており、高出力ながら燃費はリッターあたり約9〜10kmという経済性を実現しています。

このエンジンは、複数の運転モードを持ち、ドライバーの好みや運転状況に応じて最適なパワー配分を行うことができます。

このようにRZ34は、高性能ながらも環境に配慮した設計が特徴で、現代のドライバーのニーズに応えるスポーツカーとしての地位を確立しています。

価格:高性能とコストパフォーマンス

RZ34の価格は、その高性能を考慮すると驚異的なコストパフォーマンスを誇ります。

具体的には、高度なエンジニアリングと洗練されたデザインを備えたこの車両が、他の同セグメントの高級スポーツカーと比較しても、非常にリーズナブルな価格帯に設定されています。

この価格設定は、パワフルな走行性能と最新の安全技術、快適なインテリアを求める消費者にとって魅力的です。

例えば、類似する性能を持つ他車種と比較した場合、RZ34は数百万円の差で優位性を持っています。

このような価格戦略は、性能と品質を重視するドライバーにとって、購入を決断しやすくする要因となります。

燃費:エコと性能の両立

RZ34は、ハイパワーエンジンを搭載しながらも、優れた燃費効率を実現しています。

この車の燃費性能は、最新のエンジン技術と先進的な車両設計の結果です。例えば、直噴技術と可変バルブタイミングシステムを採用することで、エンジンの効率が最適化されています。

これにより、高い加速力とレスポンスを保ちながら、都市部と高速道路の両方でリーズナブルな燃費を達成しています。

具体的には、市街地で約9 km/L、高速道路で約12 km/Lの燃費を実現しており、これは同クラスのスポーツカーの中では特に優れた数値です。

この燃費性能は、環境に配慮すると同時に、維持コストを低減する点でユーザーにメリットをもたらします。

エンジン技術:最先端の進化

RZ34に搭載されているエンジンは、最新の自動車技術の粋を集めた、革新的なツインターボV6エンジンです。

このエンジンは、従来型よりも大幅に効率化された燃焼システムを採用しており、圧倒的な出力と燃料効率を両立させています。

特に注目すべきは、低回転から高回転まで滑らかにパワーを供給する能力で、これにより瞬時の加速と力強いトルクが体感できます。

また、エンジン管理システムの最適化により、エンジンの応答性が大幅に向上し、ドライバーの意のままに車両を操ることが可能になっています。

RZ34:知っておきたいポイント

出典:グーネット

内外装:s30型の遺産

出典:くるまのニュース

RZ34のデザインは、フェアレディZシリーズの伝統を継承しながら、現代的な解釈を加えたものです。

特に、初代モデルであるs30型から受け継がれたデザイン要素は、新しい時代のテイストと見事に融合しています。

外観では、ロングノーズとショートデッキのクラシックなプロポーションを維持しつつ、流麗でダイナミックなラインが特徴的です。

内装においても、高品質な素材の採用と緻密なディテールにより、洗練された雰囲気を醸し出しています。

ドライバーにとっての快適性と機能性を追求したコックピットデザインは、運転の楽しさを一層高めてくれます。

z32型からのテールランプのデザイン

出典:Creative-Trend

RZ34は、そのテールランプにおいて、z32型フェアレディZのクラシックなデザインを現代風にアレンジしています。

z32型の象徴的な横長の形状を継承しつつ、LED技術の導入により、より鮮明で洗練されたライトパターンを実現しています。

この新しいデザインは、z32型の遺産を尊重しながらも、よりダイナミックでモダンなスタイリングを提供しています。

特に、RZ34のテールランプは夜間の視認性を大幅に向上させると同時に、車両の後部デザインのアクセントとしても機能しており、その独特の光の演出が車の個性を際立たせています。

おすすめランキング:ベストモデルの選び方

RZ34シリーズの中から、特に優れたモデルをピックアップし、ランキング形式でご紹介します。

選定基準としては、パフォーマンスの高さ、充実した装備、そしてコストパフォーマンスを重視しています。

例えば、高性能モデルはその卓越した走行性能で魅了し、エントリーモデルは手頃な価格で高い品質を提供しています。

また、特別限定版モデルは、独特なデザインや特別な装備で差別化を図っています。

ここでは、これらのモデルの主要な特徴や長所を詳細に解説し、購入時の重要な判断材料を提供することで、あなたに最適なRZ34を見つける手助けをします。

モデルエンジン最大出力トルク駆動方式トランスミッション価格
RZ34 ベースモデルV6 3.0L ツインターボ400PS475NmFR6速MT約600万円
RZ34 スポーツモデルV6 3.0L ツインターボ420PS500NmFR6速MT / 9速AT約700万円
RZ34 リミテッドエディションV6 3.0L ツインターボ450PS550NmFR9速AT約850万円
RZ34 ニスモV6 3.0L ツインターボ強化型480PS600NmFR9速AT約1000万円

ボディカラーランキング:人気色とトレンド

出典:Creative-Trend.

RZ34を選ぶ際、その豊富なカラーパレットは購入者にとって重要な決定要素の一つです。

時代の流れと共に変化するトレンドを反映した、人気のボディカラーをランキング形式で紹介します。

例えば、現在トレンドの色には、クラシックな「ブラックパール」や洗練された「プラチナシルバー」、そして目を引く「レーシングレッド」があります。

また、限定モデルには独特の「ミッドナイトブルー」や「サンセットオレンジ」などが用意されていることもあります。

これらのカラーオプションは車の外観に大きな影響を与え、所有する喜びを一層高める要素となります。

RZ34のカラーラインナップは、個性を際立たせるだけでなく、再販売時の価値にも影響を及ぼす可能性があります。

順位カラー
1ブラックパール
2プラチナシルバー
3レーシングレッド
4ミッドナイトブルー
5サンセットオレンジ

納期情報:オーダーから納車まで

RZ34の購入を考えている方にとって、納車までの待ち時間は気になるポイントです。

通常、オーダーから納車までの期間は、モデルやカスタマイズ内容により異なりますが、おおむね数ヶ月から半年程度と考えられます。

納期に影響を与える主な要因には、注文の混雑具合、特定のオプションの選択、また生産ラインの効率性などがあります。

さらに、特定の時期(例えば新型モデルの発売直後や年末年始)では、通常よりも納車が遅れることがあります。

納期を短縮するためには、注文時に車種の人気や生産状況をディーラーに確認し、可能な限り標準仕様に近い選択をすることが効果的です。

また、納車までの間に必要な書類手続きや保険加入、車庫証明などの準備を進めておくことで、スムーズな納車を実現することができます。

エアロ・カスタムの魅力

出典:ブリッツ

RZ34のエアロカスタムは、単なる外観の美化を超えた機能性を提供します。

専用設計されたフロントスポイラーやリアディフューザーは、空気の流れを最適化し、ダウンフォースを増加させることで安定性を高めます。

例えば、サイドスカートは側面からの空気の乱れを減らし、高速走行時の車体の揺れを抑制。

また、カーボンファイバー製のリアウィングは軽量でありながら高い剛性を備え、コーナリング性能の向上に寄与します。

これらのカスタムパーツは、RZ34の動的能力を最大限に引き出し、ドライビングの喜びをさらに深めることができます。

ニスモモデルの特徴

出典:東京オートサロン

RZ34のニスモモデルは、日産のモータースポーツ部門が手掛けた究極のスポーツバージョンです。

このモデルでは、高性能化されたエンジンが一層のパワーとレスポンスを提供。

サスペンションは専用のチューニングが施され、より硬質な乗り心地と精密なハンドリングを実現しています。

外観では、独特のフロントグリルや専用エアロパーツが装着され、攻撃的かつ機能的なデザインを際立たせています。

また、ニスモ専用のインテリアは、高級感とスポーティさを兼ね備え、ドライバーに特別な体験を提供します。

ニスモモデルは、ただの高性能車ではなく、日産のレーシング技術とデザイン哲学が融合した、特別な存在と言えるでしょう。

リセールバリュー:中古市場での評価

RZ34のリセールバリューは中古市場でも注目されるポイントの一つです。

このモデルの維持価値の高さは、その性能、デザイン、そして信頼性に起因します。

RZ34は新車時の魅力を長期間保持し、中古車市場においても高い評価を受けています。

特に、定期的なメンテナンスと適切な扱いを受けたモデルは、中古車市場での需要が高く、価格も比較的安定しています。

RZ34を購入する際には、将来的な売却価値も考慮に入れ、適切な保管とメンテナンスを心掛けることが大切です。

RZ34は何代目フェアレディZか?

RZ34は、フェアレディZシリーズの最新モデルとして、長い歴史の中で蓄積された技術とデザインの粋を集めた存在です。

フェアレディZは1969年に初代S30型で誕生し、RZ34はその流れを汲む7代目にあたります。

各世代ごとに技術革新とデザインの進化が見られ、RZ34はこれまでの伝統を継承しつつ、最新技術を導入しています。

過去のモデルと比較すると、RZ34はより洗練されたデザイン、進化したエンジン性能、高度な安全技術を備え、フェアレディZの歴史の中で重要な位置を占めています。

このモデルは、フェアレディZの歴史を次の段階へと導く鍵として、スポーツカーファンから高く評価されています。

フェアレディの歴史:RZ34のルーツ

出典:MOBY

フェアレディZシリーズの歴史は、スポーツカーの進化を体現しています。

1969年の初代S30型から始まったこのシリーズは、時代ごとの技術とデザインの変遷を映し出しています。

初代モデルは、その革新的なスタイルとパフォーマンスで世界中にファンを獲得しました。

以降、Zシリーズは持続的にアップデートされ、エンジン性能、安全技術、インテリアデザインの面で革新を遂げてきました。

特に、4代目のZ32型は、その流線型のボディと先進的な技術で1990年代の自動車デザインをリードしました。

RZ34は、この豊かな遺産を受け継ぎながらも、最新の技術を駆使して新しい時代のスポーツカーの基準を築いています。

RZ34のデザインは、過去のモデルからの影響を受けつつも、独自の現代的な解釈を加えています。

このセクションでは、フェアレディZシリーズの歴史的な背景と、RZ34がこの伝統の中でどのような位置を占めているかを詳細に解説します。

フェアレディZの歴史を理解することで、RZ34の設計思想とその特別な存在感がより深く理解できるでしょう。

年代型式モデル名
1969-1978S30フェアレディZ
1978-1983S130フェアレディ280ZX
1983-1989Z31フェアレディ300ZX
1989-2000Z32フェアレディ300ZX
2002-2008Z33フェアレディ350Z
2008-2020Z34フェアレディ370Z
2020-現在RZ34フェアレディZ

「Z35ではなくRZ34」その理由と最新フェアレディーの全貌と魅力に迫る!:まとめ

  1. Z34からRZ34への進化は、フレーム構造上の大きな変更がない
  2. RZ34はモデル名であり、フェアレディZの最新世代を表す
  3. RZ34の基本スペックには最新エンジン技術と高度なエアロダイナミクスを採用
  4. RZ34の馬力はツインターボV6エンジンによる高出力と効率性を実現
  5. RZ34の価格は競争力のある設定で、高性能とコストパフォーマンスを兼ね備える
  6. RZ34の燃費は高性能ながらも効率的なエンジン技術により優れている
  7. RZ34の内外装は伝統的なS30型を彷彿とさせるデザインを採用
  8. RZ34のテールランプはZ32型を現代的に再解釈したデザイン
  9. RZ34のボディカラーは豊富で、人気色はトレンドに沿って選択可能
  10. RZ34の納期はオーダーから納車までの時間と影響要因を解説
  11. RZ34のエアロ・カスタムは見た目と実用性の両方を高める
  12. RZ34 ニスモモデルはパフォーマンスと専用装備で差別化を図る

-フェアレディz, 国産車