プジョー 輸入車

「プジョー208最悪というレッテルは過剰?」隠れた魅力を徹底検証!

プジョー公式

「本ページは一部プロモーションを含みます

プジョー208に対して「最悪」という言葉を耳にすることがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事では、プジョー208についての一般的な誤解を解きほぐし、その実態に迫ります。

メンテナンスを適切に行えば故障のリスクは大幅に減少し、燃費効率も期待に応える性能を持っています。

この車は、デザインと機能のバランスが取れており、特に女性ドライバーからの人気も高いことが知られています。

つまり、プジョー208は決して悪い車ではなく、その真価を理解することで、その魅力がより明確になるはずです。

プジョーの中古なら

プジョー208「最悪は言い過ぎ」

プジョー208が「最悪」と評されることもありますが、この表現はやや過剰です。

確かに燃費の悪さや電装系のトラブル、限られた収納スペースなどの問題点は存在します。

しかし、そのスタイリッシュなデザイン、コンパクトなサイズ、走行の楽しさといった魅力も多くのユーザーに評価されています。

特に、都市部での運転のしやすさや独特のデザインは他の車種にはないプジョー208独自の魅力です。

車選びは個人の嗜好に大きく左右されるため、「最悪」と一括りにするのではなく、その特性を理解し、自分のニーズに合った車を選ぶことが重要です。

最悪と言われる理由は?

プジョー208は、スタイリッシュな外観とコンパクトなサイズで注目を集めていますが、一部のユーザーからは「最悪」との声も上がっています。

この否定的な評価の背景には、燃費の悪さ、エンジンオイルの消費量の多さ、雨漏りの発生、電装系のトラブル、価格の高さなどが挙げられます。

これらの問題点は、特に長期間の使用や日本の道路環境において顕著になる傾向があります。

燃費の悪さとその影響

プジョー208の燃費性能については、カタログ値と実燃費のギャップが指摘されることがあります。

カタログにはWLTCモードで17.9km/Lと表示されていますが、実際の運転環境では、より低い数値が出ることが一般的です。

例えば、市街地での頻繁な加速や渋滞によるアイドリング、高速道路での持続的な高速走行などが影響し、実際の燃費は14~18km/L程度に落ち込むことが多いです。

この燃費の悪さは、特に燃料価格が高騰している現在、所有コストを押し上げる要因になります。

燃料費が予想以上にかかることは、特に長距離を頻繁に運転するドライバーにとっては大きなデメリットとなり得ます。

また、燃費の悪さは環境への影響も考慮する必要があり、CO2排出量の観点からも燃費の良い車両が求められる現代では、環境意識の高いドライバーにとっても重要な検討ポイントです。

エンジンオイルの消費量が多い問題

プジョー208の1.2L直列3気筒ターボエンジンは、高性能を誇りますが、その反面でオイル消費量が多いという特性を持っています。

このエンジン設計は、高温や高負荷時に特にオイルを消耗しやすく、これによりエンジンオイルのレベルが急激に低下することがあります。

具体的には、オイルの粘度が低下し、エンジン内部の潤滑が不十分になることで、摩擦や熱の増大を招き、エンジンの寿命に影響を及ぼす可能性があります。

このため、オイル交換の間隔を通常より短く設定し、定期的な点検と補充が不可欠です。これにより、メンテナンス費用が増加するという実際的な問題が生じます。

雨漏りが発生するケース

プジョー208における雨漏りの問題は、ドアや窓のシール部分の劣化に起因することが多いです。

特に、シールの老朽化や損傷が原因で雨水が車内に浸入し、これが長期にわたると、内装材の損傷やカビの発生といった二次的な問題を引き起こす可能性があります。

雨漏りは、車内の快適性を著しく低下させるだけでなく、車体の錆の原因にもなり得るため、定期的なシールの点検と必要に応じた交換が重要です。

また、シールの劣化は自然な経年変化によるものであるため、特に中古車を購入する際には注意が必要です。

このような問題は、予防的なメンテナンスによって未然に防ぐことが可能ですが、それには追加のコストがかかることを理解しておく必要があります。

電装系のトラブルとその対処法

プジョー208の電装系トラブルは、特にウィンドウの開閉不良やエアコンシステムの故障に関連して報告されることが多いです。

これらの問題は、車両の電子制御システムの複雑さに起因することがあります。

例えば、ウィンドウが正常に作動しない場合、それはスイッチの故障、モーターの不具合、あるいは制御ユニットの不具合による可能性があります。

エアコンシステムの問題に至っては、冷媒の漏れやコンプレッサーの故障が原因であることが一般的です。

これらのトラブルに対処するには、専門的な診断ツールを使用してシステムのチェックを行い、必要に応じて部品の交換や修理を行う必要があります。

これらの修理は専門知識を要するため、修理費用が高額になることが多く、定期的な点検と早期のトラブル発見が非常に重要です。

価格の高さとその正当性

プジョー208は、そのスタイリッシュなデザインと高い走行性能で知られていますが、その反面で価格は日本のコンパクトカー市場において比較的高めです。

新車価格は280万円から440万円と幅広く、特に上位グレードでは価格が跳ね上がる傾向にあります。

しかし、この価格は単にブランドイメージによるものではなく、車両の品質と性能を反映しています。

プジョー208は、独特のデザイン、先進の安全装備、快適な乗り心地、そして環境に配慮したエンジン性能を提供します。

これらの要素は、多少の価格プレミアムを正当化するものであり、ユーザーにはこれらの特性を理解し、価格に見合った価値を判断することが求められます。

高価であっても、その性能と品質を考慮すれば、プジョー208はコンパクトカー市場における魅力的な選択肢の一つであると言えます。

後席の居住性の課題

プジョー208は、コンパクトカーながらも洗練されたデザインと機能性を兼ね備えていますが、そのコンパクトさは後席の居住性に影響を及ぼします。

具体的には、後席の足元や頭上空間が狭く、大人が長時間座るには快適さに欠けることが指摘されています。

特に足元のスペースは限られており、成人男性が座ると膝が前席に接触することもあります。

また、シート自体のクッション性や形状にも制約があり、長時間の座り心地には改善の余地があると言えます。

ただし、子供やペットの移動用途や短距離移動には十分な機能を持っています。

長距離のドライブや大人数での移動を考慮する場合は、座席の快適性や収納スペースの限界を踏まえた上で、車両選択を検討することが重要です。

荷室容量の限界と活用法

プジョー208の荷室はコンパクトカーの範疇に収まる容量を持っており、日常使いには適していますが、大容量の荷物を運ぶ際にはその限界が明確になります。

具体的には、標準状態で約285リットルの荷室容量があり、日々の買い物袋や小さめのスーツケース数個程度は収納可能です。

しかし、大型の荷物や複数人での長距離旅行の荷物を積むには不十分な場合が多いです。

荷室空間を有効に活用するためには、荷物のサイズや形状に応じて配置を工夫する必要があります。

例えば、折り畳み可能なシートを利用してスペースを拡張したり、荷室の高さを活かして縦積みを行うなどの工夫が有効です。

また、屋根に荷物を積むためのルーフラックの装着も一つの解決策となり得ます。

荷室容量の限界を理解し、工夫を凝らして活用することで、プジョー208の利用範囲を広げることが可能です。

アフターサービスの充実度の現状

プジョー208のアフターサービスに関しては、ユーザーの体験に大きなばらつきが存在します。

日本国内の一部のディーラーでは、顧客のニーズに迅速かつ的確に対応する高品質のサービスを提供している一方で、全国的に見ると、サービスの品質や充実度においては他の国産メーカーと比較して見劣りするという意見も少なくありません。

具体的な問題点としては、修理やメンテナンスに必要な部品の供給に時間がかかること、専門的な知識を持つ技術者が十分にいないことが挙げられます。

これは、プジョーというブランドの日本国内における市場シェアの小ささや、フランス車特有のメカニズムへの対応が必要となるため、技術者の研修や教育に時間がかかることが影響していると考えられます。

また、ディーラー間でのサービス品質の差も顕著で、特に地方におけるサービス体制は不十分な場合があります。

プジョー208を所有する際には、定期的なメンテナンスや突発的なトラブルに対応できる信頼できるサービス拠点を事前に確認し、可能であればディーラーの評判や実績をチェックすることが重要です。

アフターサービスの質は、車の所有満足度に直結するため、この点はプジョー208を選ぶ際の重要な考慮事項の一つと言えるでしょう。

プジョー208の魅力と評価

プジョー208の魅力は、その独特なデザインと優れた走行性能にあります。

コンパクトながらも、洗練された外観と高い安全装備が特徴的です。

また、狭い道でも取り回しやすいサイズ感と、スムーズな運転感覚が評価されています。

これらの特性は、特に都市部のドライバーにとって便利な点であり、ファッショナブルな外観も若い世代に支持されています。

では詳しく解説していきます!

中古車市場での評価

プジョー208の中古車市場における評価は、その独特のデザインや欧州車特有の走りが評価される一方で、維持管理の難しさから購入をためらう声もあります。

中古車市場での価値は、新車価格に対して比較的早く下落する傾向があり、特に電装系トラブルやエンジン関連の問題が発生した車両は、価値が大幅に減少します。

また、部品の入手が困難である場合があり、それが修理費の高騰につながることも再販価値に影響を与える要因の一つです。

中古車を購入する際には、過去のオーナーによるメンテナンス履歴や車両の状態を慎重にチェックすることが重要で、中古車市場では専門知識を持った販売店を選ぶことが推奨されます。

プジョー208は個性的な車であり、その魅力を理解している人にとっては魅力的な選択肢ですが、一般的な中古車市場では他の同クラス車種と比較して若干のハンディキャップを持っていることを理解した上で購入することが望まれます。

年式走行距離グレード価格帯
2022年1万km未満アリュール160万円~170万円
2022年5万km未満アリュール150万円~160万円
2022年10万km未満アリュール140万円~150万円
2021年1万km未満アリュール150万円~160万円
2021年5万km未満アリュール140万円~150万円
2021年10万km未満アリュール130万円~140万円

TMF株式会社

購入後の後悔はあるのか

プジョー208を購入した後に後悔を感じるユーザーの声は、車両の特性や使用環境に起因するものが多いです。

燃費効率については、特に市街地での運転ではカタログ値との乖離が生じやすく、高回転でのドライビングを好むエンジン特性が影響しています。

また、フランス車特有の繊細な電装系は、日本の多湿な環境下でトラブルが起こりやすい傾向があり、小さなトラブルが重なることでストレスを感じるユーザーもいます。

加えて、コンパクトなボディながらも硬めのサスペンション設定は、日本の道路状況においては快適性を損なうこともあります。

プジョー208を購入する際には、これらの点を十分に理解し、自身の運転スタイルや使用環境に適しているかを検討することが大切です。

特に、デザインやブランドイメージに惹かれる購入者は、日常の使用におけるリアルな経験談を参考にし、期待と現実のギャップを埋めるための情報収集が重要となります。

欠点とその対策

プジョー208の欠点として、限られた車内収納スペース、後席の狭さ、そして電装系トラブルが挙げられます。

これらの問題に対処するためには、車内の収納を最大限活用する工夫が必要です。

例えば、シートバックポケットやドアサイドの収納を賢く利用し、車内を整理整頓することが効果的です。

後席の狭さに関しては、子供やペットを乗せる際には適切なチャイルドシートやペット用の安全装置を設置することが重要で、長距離の旅行では乗員数を最小限に抑えることが推奨されます。

電装系の問題に関しては、特に車両の起動時や夜間の運転中に発生するトラブルに注意し、定期的な電装系の点検と早期対応が必要です。

これには、ヘッドライトやテールライトの機能チェックや、バッテリーの状態を定期的に確認することが含まれます。

また、電装系トラブルは専門的な知識が必要となるため、異常を感じたらすぐにプロフェッショナルな修理工場に相談することが望ましいです。

これらの対策を行うことで、プジョー208の所有経験をより快適にすることができます。

旧型と新型の比較

プジョー208の旧型と新型を比較すると、両者の間には数多くの差異が見受けられます。

デザイン面では、新型208はよりエッジの効いたスタイルとダイナミックな外観が特徴です。

旧型はクラシックなフランス車の雰囲気を色濃く反映している一方で、新型ではフロントグリルのデザイン、ヘッドライトの形状、ボディラインなどが一新されています。

また、安全面では新型には先進の運転支援システムが搭載されており、旧型に比べて大幅に改善されています。

これにより、衝突回避や車線維持支援などの機能が向上し、運転の安全性が高まっています。

インフォテインメントシステムに関しても、新型は最新のタッチスクリーンとコネクティビティ機能を搭載し、より直感的で使いやすくなっています。

ただし、旧型の方が価格面でのアドバンテージがあり、予算に限りがある場合は旧型も一考の価値があります。

新型は最新技術と快適性を求めるユーザーに向いており、旧型はコストパフォーマンスを重視するユーザーに適しています。

項目新型旧型
発売年2022年7月2019年10月
ボディサイズ全長4,050mm × 全幅1,740mm × 全高1,430mm全長4,050mm × 全幅1,740mm × 全高1,455mm
ホイールベース2,530mm2,530mm
エンジン1.2L 直列3気筒ターボ1.2L 直列3気筒ターボ
最高出力100kW(136PS)/5,500rpm96kW(130PS)/5,500rpm
最大トルク230Nm/1,750rpm220Nm/1,750rpm
燃費(JC08モード)17.0km/L18.2km/L
安全装備衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、アクティブセーフティブレーキ、ブラインドスポットモニター衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、アクティブセーフティブレーキ
価格219万円~299万円214万円~289万円

主な変更点は、以下のとおりです。

  • デザインの変更:フロントマスクの「牙」をモチーフにしたヘッドライトや、LEDテールライトを採用
  • ボディサイズの変更:全高を15mm下げ、空力性能を向上
  • エンジンの変更:1.2L 直列3気筒ターボエンジンを新開発
  • 安全装備の充実:アクティブセーフティブレーキやブラインドスポットモニターを標準装備
  • 価格の変更:価格帯を1万円~10万円引き上げ

新型プジョー208は、旧型モデルと比べて、よりスタイリッシュで、安全性能の高いモデルに進化しています。また、価格帯も、旧型モデルと比べて、やや高めになっています。

女性ドライバーへの適合性

プジョー208はそのコンパクトなサイズ感と洗練されたデザインから、女性ドライバーにも大変人気があります。

特に都市部での運転や駐車のしやすさ、内装のエレガントさが女性に評価されています。

車内はスタイリッシュでモダンなデザインが施され、快適な乗り心地を提供します。

しかし、一部の女性ドライバーからは、荷室の容量の限界や後席の狭さに関する指摘もあります。

日常の買い物や通勤には十分な機能を持っていますが、大きな荷物を運ぶ際や家族や友人との長距離旅行ではスペースの制約が感じられることがあります。

このため、女性ドライバーはプジョー208を選ぶ際に、自身のライフスタイルや使用用途を考慮することが重要です。

小回りが利き、洗練されたデザインが魅力的な一方で、実用面の限界も理解した上での選択が望ましいです。

新型の魅力

新型プジョー208は、その革新的なデザインと先端技術により、現代の自動車市場に新たな風を吹き込んでいます。

このモデルの最大の魅力は、フルLEDヘッドライトとデジタルダッシュボードによる高度な視覚体験、そして最新のインフォテインメントシステムによる快適な車内環境の提供です。

フルLEDヘッドライトは、夜間の視認性を大幅に向上させるとともに、車の表情を一層引き立てます。

デジタルダッシュボードは、運転に必要な情報を直感的かつ鮮明に表示し、運転の安全性を高めます。

さらに、インフォテインメントシステムはスマートフォンとの完全な連携を可能にし、ナビゲーションからエンターテインメントまで幅広い機能を簡単に操作できます。

安全面においても、新型208は自動緊急ブレーキシステムや車線維持支援システムなどを標準装備しており、現代のドライバーが求める安全性能を満たしています。

これらの機能は、日常の運転をより楽しく、そしてより安全にするためのものであり、新型プジョー208は、現代の自動車市場における新しいスタンダードを築き上げています。

プジョー208 前期モデルと後期モデルの違い

項目前期後期
発売日2014年4月2022年7月
エンジン1.6L 4気筒 NA / 1.2L 3気筒ターボ1.2L 3気筒ターボ
トランスミッション4速AT / 5速MT / 6速AT6速AT
燃費JC08モード 15.0km/L / 16.0km/L / 17.0km/LJC08モード 17.0km/L
価格199万円~299万円219万円~299万円
外装フロントグリル、ヘッドライト、バンパーのデザイン変更フロントグリル、ヘッドライト、バンパーのデザイン変更
内装インパネデザイン変更、シート表皮変更インパネデザイン変更、シート表皮変更
安全装備衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、車線逸脱警報、オートマチックハイビーム、ブラインドスポットモニター、アクティブセーフティブレーキ
その他一部グレードの装備簡略化一部グレードの装備簡略化

主な変更点は、以下のとおりです。

  • エンジンは、1.2L 3気筒ターボに統一されました。
  • トランスミッションは、全車6速ATになりました。
  • 燃費は、わずかに向上しましたが、依然として同クラスの国産車と比べると低い水準です。
  • 価格は、一部グレードで上昇しました。
  • 外装は、フロントグリル、ヘッドライト、バンパーのデザインが変更されました。
  • 内装は、インパネデザインが変更され、シート表皮も一部変更されました。
  • 安全装備は、一部グレードにブラインドスポットモニターとアクティブセーフティブレークが追加されました。

なお、2022年7月にマイナーチェンジされたモデルは、2023年9月末をもって販売終了となりました。

売れ行きの実情

プジョー208は、その独特なデザインと洗練された走行性能により、自動車市場で注目されています。

しかし、実際の売れ行きにおいては、特に日本市場では一定の壁に直面しています。

その理由として、コンパクトカー市場における激しい競争が挙げられます。日本では、より燃費効率の高い国産車や価格競争力のある他の外車に比べて、プジョー208は苦戦しているのが現実です。

デザインやブランドイメージでファンを魅了しているものの、日常的な使い勝手や経済性、アフターサービスの面での課題が、売れ行きへの影響を与えています。

具体的には、燃費の悪さやメンテナンスコスト、修理や部品の入手の難しさが、日本市場での競争力を低下させています。

プジョー208の売れ行きは、このような背景により、日本においては限定的なユーザー層に受け入れられる傾向にあります。

サイズ感と実用性

プジョー208は、全長約4,100mm、全幅約1,750mmというコンパクトな寸法を持ち、都市部での取り回しやすさが大きな強みです。

狭い道や限られた駐車スペースでも、その小回りの良さが役立ちます。

しかし、その一方で、このコンパクトさは内部空間の制約を意味しており、特に後席の居住性や荷室の容量に影響を与えています。

後席は大人が長時間座るには狭く感じられ、荷室も日常的な買い物袋程度の容量に限られます。

大人数の乗車や大きな荷物の輸送には向いておらず、特に家族での使用やアウトドア活動などでは不便さを感じる可能性があります。

したがって、プジョー208は、単身者やカップル、または都市部の日常使いに最適な車としての特性を持ち、そのサイズ感と実用性は使用シナリオに応じた選択が求められます。

プジョー208 「やめとけ」と言われる理由

プジョー208が「やめとけ」と言われる理由は、主にメンテナンスの手間とコスト、故障のリスク、燃費に対する不満に集約されます。

この車種は、特に部品の価格が高く、修理や交換時に予想以上の費用がかかることが多いです。

さらに、プジョー専門の技術を持つ整備工場が限られているため、適切なサービスを受けるのが困難な場合もあります。

加えて、電装系のトラブルや機械的な故障が頻繁に報告されており、これらの問題が継続的なリスクとして潜んでいます。

しかし、これらの問題に対処するには、定期的なメンテナンスと早期の異常発見が鍵となります。適切なケアを行い、必要な時期に点検を実施すれば、故障リスクはかなり減少するでしょう。

タイミングベルトの交換費用

プジョー208のタイミングベルト交換費用については、一般的には20万円から30万円程度が相場です。

タイミングベルトはエンジンの正常な動作を保つために不可欠な部品であり、定期的な交換が必須です。

通常、約5年ごとまたは走行距離に応じて交換が推奨されていますが、使用状況によってはそれより早く交換が必要になることもあります。

特に、激しい走行や厳しい気候条件下で使用されている場合、タイミングベルトの摩耗が早まることがあります。

定期的なチェックと予算計画は、予期せぬ高額修理費用を避けるために重要です。

また、正規ディーラーや信頼できる専門の修理工場で定期的な点検を受けることで、車両の長期的な健全性を保つことができます。

タイミングチェーンの耐久性

プジョー208の一部モデルでは、タイミングチェーンが採用されており、その耐久性が一般的なタイミングベルトと比べて高いとされています。

しかし、実際にはタイミングチェーンの伸びや摩耗が早いという報告もあり、特に高負荷状態や長期使用によりその問題が顕著になる場合があります。

タイミングチェーンの不具合は、エンジンのタイミングを狂わせ、パフォーマンスの低下や最悪の場合エンジン故障の原因となることがあるため、定期的な点検と必要に応じたメンテナンスが重要です。

プジョー208のオーナーは、エンジンの異音や性能の変化に注意し、専門の整備士による適切な診断と対応を受けることが推奨されます。

燃費表示と実燃費のギャップ

プジョー208の燃費表示と実際の燃費にはギャップが存在することが多く、これは主に運転環境や運転スタイルの違いに起因します。

カタログ燃費は理想的な条件下での数値であり、実際の道路状況や運転方法によって燃費は大きく異なります。

特に、市街地での頻繁な停止や急加速、高速道路での速度変化などは燃費を悪化させる主要な要因です。

プジョー208の実燃費は、カタログ値よりも低くなる傾向にあり、特に日本の狭い道路や渋滞が多い環境では、カタログ値を大きく下回る場合もあります。

オーナーは、運転スタイルを見直したり、経済運転を心がけることで燃費の改善を図ることが可能です。

燃費に関しては、購入前にカタログ値ではなく実際の運転環境を考慮した期待値を設定することが重要となります。

運転しにくいとの声

プジョー208には、運転しにくいと感じるユーザーもいます。

主な理由としては、限られた視界、特に後方や側方視界が制約されるデザイン、独特の運転ポジションに加えて、コンパクトなサイズにもかかわらず、狭い日本の道路環境での取り回しの難しさが挙げられます。

また、プジョー208のステアリングやペダル配置は、一般的な日本車と異なるため、慣れるまで時間がかかることもあります。

これらの問題は、特に初めてヨーロッパ車を運転するドライバーにとって顕著になることがあります。

購入を検討している方は、試乗を通じて自分に合うかどうかを確認し、必要に応じて運転スタイルの調整を検討することが重要です。

年齢層とその嗜好

プジョー208は、そのスタイリッシュなデザインと欧州車ならではの走行性能で、幅広い年齢層に受け入れられています。

特に、20代から30代の若年層は、その現代的なデザイン、コンパクトなサイズ、そして都市部での取り回しのしやすさを高く評価しています。

中年層やシニア層にも一定の人気があり、彼らはプジョー208の洗練された外観、快適な乗り心地、そして欧州車特有の品質を魅力として挙げています。

ただし、コストや実用性を重視するユーザー、特に家族持ちのユーザーや積載量を重要視するユーザーからは、プジョー208の燃費や限られた収納スペースに関して不満の声が聞かれることもあります。

プジョー208は、ライフスタイルや個々のニーズに合った車選びが重要です。

新型の価格設定とスペック

項目プジョー208
ボディタイプハッチバック
全長4,095mm
全幅1,745mm
全高1,445mm
ホイールベース2,540mm
トレッド前 1,480mm / 後 1,470mm
車両重量1,160kg
エンジン1.2L 直列3気筒ターボ
最高出力74kW(100ps)/5,500rpm
最大トルク205Nm/1,750rpm
トランスミッション6速AT
駆動方式FF
燃費JC08モード 17.0km/L
最高速度188km/h
0-100km/h加速9.9秒
価格219万円~299万円

なお、2022年7月にマイナーチェンジされたモデルは、2023年9月末をもって販売終了となりました。

人気のボディーカラー

人気度ボディカラー
1ビアンカ・ホワイト
2ヴァーティゴ・ブルー
3ファロ・イエロー
4ノワール・エトワール
5エメラルド・グリーン

出典:プジョー

2023年9月30日現在、プジョー208の人気のボディカラーは、以下のとおりです。

1位は、純白の「ビアンカ・ホワイト」です。どんなシーンにも合わせやすく、高級感のある色合いが人気です。

2位は、深みのある青色の「ヴァーティゴ・ブルー」です。個性的でスタイリッシュな色合いが人気です。

3位は、鮮やかな黄色の「ファロ・イエロー」です。明るくポップな色合いが人気です。

4位は、漆黒の「ノワール・エトワール」です。シックで落ち着いた色合いが人気です。

5位は、深みのある緑色の「エメラルド・グリーン」です。落ち着いた上品な色合いが人気です。

プジョー208は、個性的なデザインが特徴の車種です。そのため、人気のボディカラーも、個性的でスタイリッシュな色合いのものが人気となっています。

プジョー208 日本車との比較

これらの車種は、プジョー208と同じコンパクトハッチバッククラスに属し、価格帯もほぼ同等です。

ボディサイズは、プジョー208が最もコンパクトです。

エンジンは、プジョー208が1.2Lの直列3気筒ターボエンジンを搭載しているのに対し、他の車種は1.0L~1.5Lの直列4気筒エンジンを搭載しています。

燃費は、プジョー208がJC08モードで17.0km/Lと、他の車種に比べてやや低い水準です。

安全装備は、各社とも充実しています。価格は、プジョー208が他の車種に比べてやや高めです。

これらの比較ポイントから、プジョー208は、デザインや走行性能を重視するユーザーに向いていると言えます。

一方、燃費や価格を重視するユーザーには、他の車種の方が適していると言えます。

車種ボディサイズエンジン燃費(JC08モード)安全装備価格
プジョー208最もコンパクト1.2L 直列3気筒ターボ17.0km/L充実やや高め
トヨタ・ヤリスコンパクト1.0L~1.5L 直列4気筒比較的高い充実普通
ホンダ・フィットコンパクト1.0L~1.5L 直列4気筒比較的高い充実普通
マツダ2コンパクト1.0L~1.5L 直列4気筒比較的高い充実普通
スズキ・スイフトコンパクト1.0L~1.5L 直列4気筒比較的高い充実普通
日産・ノートコンパクト1.0L~1.5L 直列4気筒比較的高い充実普通

修理する場所は多い?

プジョー208を修理できる場所は、日本では比較的多いと言えます。

プジョー208は、プジョージャパンが正規ディーラーを通じて販売しています。

そのため、全国に約100の正規ディーラーがあり、プジョー208の修理を依頼することができます。

また、プジョー208は、輸入車であるため、輸入車専門の整備工場でも修理することができます。

輸入車専門の整備工場は、全国に約1,000件あり、プジョー208の修理に対応している工場も少なくありません。

ただし、プジョー208は、国産車に比べると修理に必要な部品や技術が限られているため、修理の際には正規ディーラーや、プジョー208の修理に精通した輸入車専門の整備工場に依頼することをおすすめします。

具体的には、以下の場所でプジョー208の修理を依頼することができます。

正規ディーラーは、プジョー208の修理に必要な部品や技術が豊富で、安心して修理を依頼することができます。

ただし、修理費用は比較的高めです。

輸入車専門の整備工場は、正規ディーラーに比べると修理費用が安い傾向がありますが、プジョー208の修理に精通しているかどうかは工場によって異なります。

民間の修理工場は、修理費用が最も安い傾向がありますが、プジョー208の修理に精通しているかどうかは工場によって異なります。

プジョー208の修理を依頼する際には、修理費用や工場の技術などを考慮して、最適な場所を選ぶようにしましょう。

フランスでの人気とその理由

フランスでのプジョー208の人気は、その実用性とブランドの信頼性に基づいています。

フランス国内では、コンパクトな車両が都市部での運転において非常に重宝されます。

プジョー208は、その小回りの利くサイズと優れた燃費効率で、都市部の狭い道路や混雑した交通条件に適しています。

また、洗練されたデザインと快適なインテリアは、特に若い世代や都市居住者から支持されています。

フランスでは、燃料の価格が高いため、効率的な燃費は特に重要な要素となります。

さらに、プジョーはフランスの老舗自動車メーカーとして広く認知されており、そのブランドに対する信頼と愛着が、208の人気に大きく寄与しています。

このように、実用性、デザイン、ブランド信頼性が融合し、フランス市場におけるプジョー208の成功につながっています。

プジョー208最悪というレッテルは過剰?隠れた魅力を徹底検証:まとめ

  • プジョー208はスタイリッシュなデザインが特徴
  • 燃費の悪さやエンジンオイルの消費が問題点
  • 雨漏りや電装系トラブルが発生しやすい
  • 価格設定は同クラスの日本車に比べて高め
  • 後席の狭さや荷室容量の少なさがデメリット
  • アフターサービスの充実度に地域差あり
  • 中古市場では再販価値が低め
  • 故障リスクやメンテナンスコストが懸念点
  • 旧型と新型では装備やデザインに差
  • 運転しにくさを感じるユーザーもいる
  • 年齢層によって評価が分かれる傾向
  • 日本車と比較すると独自の魅力があるものの燃費や価格で劣る場合も

プジョー3008に最悪のレッテルは妥当か?実際の故障データーとユーザーの声から分析!

プジョーがペッパーミルなぜ?自動車メーカーの料理道具への旅!

-プジョー, 輸入車