センチュリー 国産車

「センチュリー中古車」が安い理由の真相に迫る!中古車市場の裏側!

トヨタセンチュリー公式

「本ページは一部プロモーションを含みます

トヨタ・センチュリーは、その圧倒的な存在感と高級感で、多くの車好きにとって特別な憧れの対象です。

しかし、「センチュリー中古安い理由」を検索しているあなたは、なぜこれほどの車が中古市場でお得に手に入るのか、その秘密を知りたいはずです。

この記事では、センチュリーを好きな人にとって注目のポイント、中古車がお得な価格で提供される理由に焦点を当てます。

新型やSUVモデルが市場に登場しても、中古のセンチュリーが引き続きお得な選択肢として注目される背景には、いくつかの興味深い理由があります。

ここでは、その理由を掘り下げ、センチュリーの中古車をお探しの方へ価値ある情報を提供します。

この記事でわかること!

  • センチュリーの新車価格が高いにもかかわらず、中古市場で価格が下がる主な理由
  • 維持費の高さが中古車価格にどのように影響しているか
  • ボディーサイズや燃費など、センチュリーの特性が中古価格に与える影響
  • 需要と供給のバランスがセンチュリーの中古車価格にどう作用しているか

センチュリーの中古が意外に安い理由?

出典:GAZOO.com

センチュリーの中古が意外に安い理由について、多くの人が疑問を抱えています。

ここでは、高級車として知られるセンチュリーの新車価格がなぜ高額なのに対し、中古市場では比較的安価になるのか、その背景にあるさまざまな要因を詳しく解説していきます。

維持費の高さ、限られた需要、モデルの特性、そして市場における供給状況など、中古車価格に影響を与える複数の要素を明らかにしていくことで、センチュリー中古車の価格設定の理由を深く理解できるようにします。

新車価格が高いからこその中古価格

トヨタのセンチュリーは、その新車価格が非常に高額であることが知られています。

具体的には、新型センチュリーの価格が2500万円程度とされており、これは他の高級車と比較しても突出して高い価格帯に位置しています。

このように高価な新車価格が設定されている理由は、センチュリーが持つ独特の品質、豪華さ、そしてトヨタが長年にわたり培ってきた高度な技術力によるものです。

また、センチュリーは政府関係者や企業の役員など限られた層に使用されることが多いため、生産台数が限られており、それが価格を押し上げる一因ともなっています。

その結果、中古市場におけるセンチュリーの価格も、他の車種に比べて高めに設定されている傾向があります。

しかし、新車時の価格と比較すると、中古価格は相対的に安価であるため、センチュリーを手に入れたいと考える消費者にとっては、中古車市場が魅力的な選択肢となっています。

このように、新車価格が高いことは中古価格にも影響を与えますが、同時に中古市場でセンチュリーを求める人々にとっては、新車を購入するよりも手が届きやすい価格であるという点で価値があります。

ボディーサイズの大きさとその影響

トヨタセンチュリーの中古車価格が比較的安価に設定されている一因として、そのボディーサイズの大きさが挙げられます。

センチュリーは全長5,335mm、全幅1,930mm、全高1,505mmという、一般的な車種に比べて非常に大きなサイズを誇ります。

この大きなボディーは、圧倒的な存在感と豪華さを提供しますが、同時に狭い都市部での運転や駐車においては不便を感じるユーザーも少なくありません。

また、ボディーサイズが大きいことは、燃料費や維持費の増加にも繋がります。

特に、都市部では燃費の悪さや駐車スペースの確保の難しさが、中古市場における需要を減少させる要因となっています。

これらの理由から、センチュリーの中古車は新車時と比べて価格が大きく下落する傾向にあり、購入しやすい価格帯で市場に流通しています。

そのため、広々としたガレージを持ち、ゆったりとしたドライブを楽しむことを好むユーザーや、特別な場面での使用を考えているユーザーにとっては、センチュリーの中古車は非常に魅力的な選択肢となります。

大きなボディーサイズがもたらす豪華さと快適さを、より手頃な価格で手に入れることができるのです。

燃費の課題

センチュリーの燃費性能は、その豪華さと大きさを考えると必然的に課題となります。

新型モデルでさえ、最良の燃費性能であるWLTCモードでの12.4km/Lという数値は、環境意識が高まる現代においては決して良好とは言えません。

特に、燃料費の節約を重視するユーザーにとって、センチュリーの維持は大きな負担となり得ます。

この燃費の問題は、中古市場におけるセンチュリーの価格設定にも直接影響しています。

燃費の悪さは、特に都市部での利用を考えるユーザーにとって大きなデメリットです。

狭い道路や頻繁な渋滞が発生するエリアでは、センチュリーの燃費はさらに劣化しやすくなります。

その結果、中古車市場では燃費性能を重視する需要が高まる中で、センチュリーは他の車種に比べて選択肢として後回しにされがちになります。

これが、センチュリーの中古車が比較的安価に設定される一因となっています。

また、環境規制の厳しさが増す中で、燃費の良い車両が好まれる傾向にあり、センチュリーのような大排気量車の需要は限定的になりがちです。

このような市場の動向は、センチュリーの中古価格にも反映され、購入しやすい価格帯での流通を促しています。

豊富な装備が中古価格を左右する

センチュリーは、その豊富な装備と高級感によって新車時には非常に高価ですが、これらが中古車市場において価格を左右する大きな要因となっています。

新車時には高い価値を持つ豊富な装備も、時間が経過するにつれて最新のテクノロジーに取り残されることがあります。

例えば、センチュリーの高級オーディオシステムや最先端の安全装備は、新車時には大きな魅力となりますが、数年経過後にはより進化したシステムが登場するため、中古市場での価値は相対的に低下します。

さらに、センチュリーのような高級車は特定の装備に関してもユーザーの好みが分かれるため、特定の装備を重視する購入者が中古市場において少ない場合、その車両の価格は低くなりがちです。

例えば、カスタムされた内装や特別な外装カラーは、一部の購入者には魅力的ですが、大多数の購入者には必ずしも評価されないこともあります。

このように、センチュリーに限らず高級車の中古価格は、新車時の豊富な装備が時と共に古くなることや、特定の装備に対する需要の変動によって大きく左右されます。

これが、センチュリーが中古市場において比較的安価に流通する一因となっています。

カラーバリエーションの少なさ

センチュリーの中古車市場における価格設定には、カラーバリエーションの少なさも影響しています。

センチュリーは、その独特の品格とステータスを象徴する車として、伝統的なカラー選択に重きを置いています。

これは、主にエターナルブラックやシリーンブルーマイカなど、限られた数の色で提供されていることを意味します。

この限定されたカラーバリエーションは、新車時にはユニークさや希少価値を提供しますが、中古車市場では需要と供給のバランスに影響を与えます。

特定のカラーに対する需要が高くても、供給が限られているため、購入希望者が多くても対応できる在庫が少ないという状況が生まれがちです。

反対に、市場に流通する車両の大部分が同じ色である場合、個々の車両が際立つことは少なく、これが価格を抑える要因となります。

その結果、カラーバリエーションの少なさは、中古センチュリー車両の相対的な価値を下げることに繋がり、他の車種に比べて安価になりやすいのです。

加えて、特定の色が流行のサイクルに左右されることもあり、一時期に人気のあった色が時代と共に受け入れられなくなることも、中古価格に影響を及ぼします。

このように、カラーバリエーションの少なさは、センチュリーの中古車が比較的安価に設定される理由の一つとして考えられます。

リセールバリューの現状

トヨタ・センチュリーのリセールバリューは、新車時の高価格設定にもかかわらず、中古市場では比較的低い水準に留まる傾向があります。

この現象の背後には、センチュリー特有の市場の需要と供給のバランスが影響しています。

センチュリーは新車時に数千万円という高価格で販売される超高級車ですが、そのニッチなターゲット市場と特殊な使用目的(公用車や企業の役員車等)が、中古車市場における需要を限定的にしています。

さらに、センチュリーを購入する層は新車を好む傾向が強く、中古市場での需要が相対的に低くなるため、リセールバリューは自然と抑えられます。

また、センチュリーの保有者は車を長期間保有することが多く、市場に流通する中古車の年式が古いことも、価格を抑制する要因となっています。

センチュリーの中古車価格に影響を与えるもう一つの要因は、その維持管理費の高さです。高額な車検費用、燃料費、保険料など、維持にかかるコストが高いため、これらを検討した結果、中古市場では価格が下がりやすくなっています。

このように、センチュリーの中古車が相対的に安価に設定される背景には、限定的な需要、新車への偏り、維持費の高さ、そして市場に出回る車両の年式が古いことなど、複数の要因が絡み合っています。

限られた需要

トヨタ・センチュリーは、その独特なポジショニングと高級車としての特性から、特定の顧客層に向けて設計されています。

この限られたターゲット市場が、中古センチュリー車の需要に大きく影響しています。

センチュリーは、主に政府関係者や大企業の役員など、一部の上層階級に使用されることが多く、一般的な消費者にはその使用目的や価値が伝わりにくいのが現状です。

その結果、中古市場におけるセンチュリーの需要は非常に限定的となり、これが中古価格の低さに直結しています。

また、センチュリーは新車の購入価格が非常に高く、その高級感や独特の価値を理解し、評価できる層は限られます。

新車時の価格が高い車種は、一般的に中古市場でも高価格で取引されることが多いですが、センチュリーの場合はその特殊性がむしろ中古市場での価格を抑える要因となっています。

さらに、その豪華な装備や維持管理にかかる費用が、中古車市場における一般消費者の購入意欲を減退させる一因ともなっています。

このように、センチュリーの中古車価格が比較的安価に設定される背景には、新車価格の高さ、限られたターゲット市場、そして維持費の高さが影響しています。

これらの要因が組み合わさることで、中古センチュリー車の市場は狭く、その結果、価格が低く抑えられているのです。

高い維持費

センチュリーの維持費の高さは、中古車市場におけるその価格設定に大きく影響しています。

センチュリーは、高級車としての地位を確立しており、それに見合った質の高いサービスやメンテナンスを要求します。

具体的には、定期的な専門的な点検、高価な部品交換、燃料費の負担が大きいことが挙げられます。

また、センチュリー特有の装備やシステムのメンテナンスには専門的な技術が必要であり、これらのコストが維持費を押し上げる要因となっています。

維持費の高さは、中古車としてセンチュリーを検討する際の大きな障壁となり得ます。

一般的に、購入後のランニングコストが高い車は、購入希望者にとって敬遠されがちです。

結果として、これらの維持費用を見越した上で、中古車市場ではセンチュリーの価格が下がる傾向にあります。

買取業者や販売店も、これらの維持費の高さを考慮して価格を設定するため、市場におけるセンチュリーの中古車価格は比較的低めになるのです。

このように、センチュリーの維持費の高さは、中古市場におけるその価格設定に直接影響を及ぼしています。

購入を検討する際には、車両価格だけでなく、維持にかかる費用も総合的に考慮する必要があります。

モデルチェンジの頻度が低い

センチュリーは、トヨタの最上級車種として知られ、そのモデルチェンジの頻度は他の一般的な車種に比べて非常に低いです。

この低いモデルチェンジの頻度は、センチュリーの中古車市場における価格に顕著な影響を与えています。

具体的には、新しいモデルが市場に登場する間隔が長いため、古いモデルが長期間にわたって現役で使われ続けることが多いです。

この結果、古いモデルでも使用感が少ない高品質な車両が市場に流通することが少なくありません。

また、モデルチェンジが少ないということは、技術的な進化もゆっくりとしたペースで行われることを意味します。

このため、センチュリーは時代遅れになりにくく、長年にわたって最新の技術や装備を享受できる車として魅力を保ち続けます。

しかし、一方で、新しいモデルへの更新の機会が少ないため、中古市場における古いモデルの価値が相対的に下がりやすくなります。

低いモデルチェンジの頻度がセンチュリーの中古車価格に及ぼす影響は、購入を検討している人にとっては利点となり得ます。

なぜなら、比較的安価で購入できる上、購入後も長期間にわたって高い満足度を得られる可能性が高いからです。

ただし、新しいモデルへの乗り換えを頻繁に行いたいと考える人にとっては、モデルチェンジの機会が少ないことがデメリットとなることもあります。

修復歴や年式による価格差の実態

センチュリーの中古車価格を左右する重要な要因の一つに、修復歴や年式による価格差があります。

特に、高級車であるセンチュリーにおいては、これらの要因が価格に大きな影響を及ぼすことが多いです。

修復歴がある車両は、事故や故障などで大きな修理を経験しているため、それがない車両に比べて価格が大きく下がります。

これは、将来的なトラブルのリスクが高まると見られるからです。

年式が古いセンチュリーもまた、価格が下がりやすい傾向にあります。

技術の進歩により、新しいモデルではさまざまな改善が施されているため、年式が新しいほど高い価値が認められる傾向にあります。

特にセンチュリーのような長いモデルライフサイクルを持つ車種では、新旧のモデル間での機能や性能の差が大きく、これが中古車価格に反映されるのです。

しかし、センチュリーの中古車市場では、修復歴の有無や年式だけでなく、車両の状態や装備、走行距離など、多岐にわたる要因が総合的に評価されるため、これらの要因だけに注目して価格を判断するのは適切ではありません。

例えば、年式は古くてもメンテナンスが行き届いている車両、または希少な装備を有する車両などは、価値を高く評価されることがあります。

修復歴や年式による価格差は、センチュリーの中古車選びにおいて重要な検討材料の一つです。

購入を検討する際には、これらの要因を十分に把握し、総合的な車両の価値を判断することが、良い選択をするための鍵となります。

センチュリー中古車を選ぶ際のポイント

出典:価格.com

センチュリー中古車を選ぶ際には、いくつかの重要なポイントがあります。

この記事では、センチュリーの中古車を選ぶ際のポイントを具体的に解説していきます。

エンジンの種類や走行距離、整備の履歴、装備の充実度、さらにはモデル年式や価格帯まで、購入を検討する際に考慮すべき要素を詳細に見ていきます。

賢い中古車選びのためのガイドとして、センチュリーを手に入れる上でのポイントを明らかにし、あなたが最適な一台を見つけられるようサポートします。

販売台数の少なさが中古価格にどう作用するか

販売台数の少なさは、センチュリーの中古車価格に独特な影響を与えます。

センチュリーはトヨタが生産する最上級の車種であり、その新車価格の高さと限定された生産台数から、新車時点での購入者は限られています。

このことが、中古市場での流通台数を自然と少なくしており、理論的には希少性が価格を押し上げる要因となり得ます。

しかし、実際の中古市場においては、販売台数の少なさが必ずしも高価格に直結するわけではありません。

センチュリーの中古車が安い理由の一つとして、新車時の高額な価格設定により、中古市場においてもその価格を維持することが難しいという現実があります。

さらに、センチュリーのような特殊な車種に対する需要は限られており、希少性が高いにも関わらず、それを求める市場が限定されているため、価格が下落しやすい傾向にあります。

また、販売台数の少なさは、特定の年式やモデルに関する情報が市場に少ないことを意味します。

これにより、購入を検討する際の情報収集が困難となり、購入者が中古車を適正価格で評価することが難しくなる場合があります。

これもまた、中古車価格において不安定な要素となり得ます。

販売台数の少なさが中古価格に作用するメカニズムは複雑で、希少性による価格の押し上げ効果と、限定された需要や情報の不足による価格の下落圧力が相互に作用しています。

その結果、センチュリーの中古車は、他の一般的な車種と比べて安価に市場に出回ることがあるのです。

イメージの変化と中古市場

イメージの変化は、トヨタ・センチュリーの中古車価格に大きな影響を与えています。

センチュリーはかつて、政府要人や企業の経営者など、社会の上層部に属する人々が使用する車としての地位を確立していました。

その豪華さと独特の存在感は、一種のステータスシンボルとして認識されていました。

しかし、時代が進むにつれて、高級車に対する消費者の嗜好が変化し、よりモダンでスタイリッシュなデザインや、最新のテクノロジーを備えた車種が好まれるようになりました。

このような社会のイメージ変化は、センチュリーの中古市場において、価格が比較的安価に設定される一因となっています。

新しい世代の消費者は、センチュリーが持つ伝統的な豪華さよりも、先進の安全機能や環境性能、インフォテインメントシステムなどの最新機能を重視する傾向にあります。

このため、センチュリーのような従来型の高級車は、新しい消費者層にとって魅力を感じにくい存在になりつつあります。

また、センチュリーのイメージは、高い維持費や運転の専門性など、所有にあたっての負担が大きいことも知られています。

これらの要因が組み合わさり、中古市場ではセンチュリーの需要が限定され、結果として価格が抑えられる傾向にあります。

イメージの変化というのは、単に車自体の特性だけでなく、社会的な価値観や消費者のニーズの変化が反映される結果であり、センチュリーの中古車価格に直接的な影響を与えているのです。

故障の定番と中古選び

センチュリーの故障にはいくつか定番のものがあり、これらが中古車選びにおける重要なポイントとなります。

特に注意すべき故障の定番としては、エアサスペンションの故障が挙げられます。

エアサスペンションは、センチュリーの快適な乗り心地を支える重要な要素ですが、時間の経過と共にエア漏れやポンプの故障が生じやすくなります。

特に古いモデルでは、この問題により走行に支障をきたすケースも報告されています。

また、高級車であるセンチュリーには、複雑な電子機器や特殊な装備が多く搭載されているため、電子系統のトラブルも故障の定番として知られています。

これにはナビゲーションシステムの不具合や、電動シート調整機構の故障などが含まれます。

これらの故障は、修理や部品交換に高額なコストがかかる可能性があります。

中古車を選ぶ際には、これらの定番故障に対する注意が必要です。購入前には、できるだけ詳細な整備記録をチェックし、可能であれば専門のメカニックによる診断を受けることが推奨されます。

また、エアサスペンションや電子機器の動作確認を念入りに行うことで、将来的な修理費用のリスクを抑えることができます。

センチュリーの中古車が比較的安価で取引される理由の一つに、これらの故障リスクと修理費用の高さが挙げられます。

購入者は、美しい外観や豪華な装備の背後にある潜在的なコストを十分に理解した上で、賢明な選択をすることが求められます。

弱点と中古車価格

センチュリーはトヨタのフラッグシップモデルとして知られ、その豪華な装備と卓越した乗り心地で高い評価を受けています。

しかし、その高級感と品質にもかかわらず、センチュリーの中古車価格が比較的安価に設定されることがあります。

これにはいくつかの理由がありますが、センチュリー独特の弱点が中古車価格に影響を与えていると考えられます。

センチュリーの主な弱点として挙げられるのは、維持費の高さです。

センチュリーは複雑な技術を駆使した高級車であり、定期的なメンテナンスや突発的な修理には相応のコストが発生します。

特に、エアサスペンションシステムや高度な電子装備が故障した場合、修理費用は一般的な車種と比較して桁違いに高額になることがあります。

また、センチュリーは専門的な知識を持ったメカニックによるメンテナンスが必要な場合が多く、そのサービスを提供できるショップが限られていることも、維持費を押し上げる一因となります。

これらの維持費の高さは、特に予算に限りがある中古車市場において、購入後のコストを懸念する消費者にとって大きなハードルとなります。

「センチュリー壊れる?」

「センチュリー壊れる?」という疑問は、中古車を選ぶ際に慎重に考慮すべき点の一つです。

センチュリーはトヨタの最上級セダンとして、卓越した技術と品質で知られていますが、任意の車両と同様、使用状況やメンテナンスの歴史によっては故障のリスクが存在します。

特に中古市場でセンチュリーを選ぶ際には、車両のメンテナンス記録を細かく確認することが重要です。

センチュリーに搭載されているエンジンや電子装置は高度に複雑で、定期的なメンテナンスや専門的な診断が欠かせません。

過去に適切なメンテナンスが行われていない車両は、将来的に高額な修理費用が発生する可能性があります。

また、センチュリーの特定のモデルや年式によっては、特定の故障が報告されている場合があります。

例えば、エアサスペンションシステムや電子制御ユニットに関する問題などが知られています。

中古車を選ぶ際には、これらの故障履歴に注意し、可能であれば事前に専門家による診断を受けることが望ましいです。

車検費用は?

センチュリーの車検費用は、その豪華さと性能の高さを反映して、一般的な車種と比べて高額になる傾向があります。

この車検費用の高さが、中古車市場におけるセンチュリーの価格設定に影響を与える一因となっています。

センチュリーは、高級車としての品質維持のために、専門的な技術と精密な検査が必要です。

これにより、車検時には通常よりも多くの検査項目がチェックされ、必要に応じて高品質な部品の交換や調整が行われます。

車検費用は、基本的な法定費用に加えて、これらの整備費用や部品代が上乗せされるため、数十万円に上る場合が少なくありません。

特に、センチュリーのような高級車では、使用されている部品の品質や性能が高いため、交換部品のコストも高くなりがちです。

また、センチュリーは特殊な技術を要する車種であるため、整備を行える専門の技術者が限られていることも、車検費用を押し上げる要因の一つです。

このように、センチュリーの車検費用の高さは、所有する際の経済的な負担を大きくすることになり、中古車市場においても価格を抑える要因となっています。

中古車を購入する際には、車検費用を含めた維持費の全体的な見積もりを考慮することが重要です。

センチュリーを選ぶ際は、その豪華さと快適さを手に入れるためのコストも覚悟する必要があるのです。

項目内容金額詳細
法定費用自賠責保険17,650円
自動車重量税32,800円車両重量によって変動
自動車取得税10,000円新規登録時のみ
印紙代1,100円
検査手数料1,700円
基本料金車検代行費用15,000円~車検整備内容によって変動
エンジンオイル交換10,000円~エンジンオイルの種類によって変動
エレメント交換2,000円~
バッテリー交換15,000円~バッテリーの種類によって変動
ブレーキパッド交換30,000円~ブレーキパッドの種類によって変動
その他整備費用10,000円~車両の状態によって変動
合計80,000円~

エアサス寿命

センチュリーのエアサスペンションは、その乗り心地の良さを支える重要な部分ですが、寿命とその交換コストが中古車選びにおいて考慮すべき点の一つです。

エアサスペンションシステムは、時間と共に劣化するエアバッグや関連する電子制御部品が含まれています。

一般的に、エアサスペンションの寿命は使用状況にもよりますが、大体10年前後とされています。

ただし、センチュリーのような高級車では、メンテナンスが適切に行われていれば、より長持ちするケースもあります。

エアサスペンションの交換や修理には高額な費用がかかるため、中古車を購入する際には、エアサスペンションの状態をチェックすることが重要です。

劣化が進んでいると、乗り心地が悪化するだけでなく、安全性にも影響を及ぼす可能性があります。

特に、エアサスが完全に機能しなくなると、車高が低下してしまうこともあります。

中古センチュリーを選ぶ際には、エアサスペンションの状態に加えて、過去のメンテナンス記録を確認することが推奨されます。

これにより、将来的に発生する可能性のある高額な修理費用をある程度予測することができます。

また、エアサスペンションの状態が良好な車両を選ぶことで、センチュリー特有の快適な乗り心地を長期間にわたって享受することが可能になります。

センチュリー煽れない(怖いイメージ)の真相

センチュリーは日本の自動車文化の中で、その独特の存在感と品格で知られています。

特に、政府要人や企業のトップが利用することが多いため、一般のドライバーからは一目置かれる存在です。

そのため、「センチュリーを煽る(追い越しや接近を行うこと)」という行為は、一種のタブーと見なされがちで、この車種に対して敬意を払う文化が根付いています。

この「煽れない、怖いイメージ」は、センチュリーがただの車以上の、特定の社会的地位や権威を象徴するアイテムと見なされていることに由来します。

このイメージが中古車市場におけるセンチュリーの価格にどのように影響を与えるかというと、特に若い世代のドライバーや、ステータスを気にしない購買層からは敬遠される傾向にあります。

その結果、センチュリーの潜在的な購入者層が限定され、需要が制限されることが中古市場における価格の安さに繋がる要因の一つとなっています。

ただし、この「怖いイメージ」はあくまで文化的な側面からの解釈であり、実際にはセンチュリーを運転することによる直接的な危険性があるわけではありません。

むしろ、その威圧感とは裏腹に、センチュリーは極めて快適で安全な乗り心地を提供します。

このような誤解が存在すること自体が、中古車としてのセンチュリーが「安い」と見なされる理由の一つであるといえるでしょう。

自分で運転するセンチュリーの魅力

センチュリーは、その高級感と独特の存在感で知られていますが、多くの場合、専属の運転手が操るイメージが強いです。

しかし、自分で運転するセンチュリーには、特別な魅力があります。

まず、センチュリーの運転席に座ること自体が、非日常的な体験を提供します。

その重厚なドアを閉めると、外界の騒音から隔離された静寂の中、上質な内装と絶妙な乗り心地に包まれます。

また、V8やV12エンジンを搭載するモデルでは、力強い加速と滑らかな走りが魅力です。

自分でセンチュリーを運転することは、単に移動手段としてではなく、ドライビングそのものを楽しむための選択と言えます。

高級車特有の運転のしやすさ、優れたハンドリング性能、そして何よりも「センチュリーを自ら操る」という満足感は、他では得られない特別なものです。

さらに、センチュリーを自分で運転することにより、車への理解が深まり、その所有する喜びもより一層増します。

このように、センチュリーを自分で運転することは、車との一体感を感じられる貴重な体験であり、所有する楽しみの一つです。

高級車を所有するということは、ただ乗るだけではなく、その全てを自分自身で体験し、享受することに他なりません。

センチュリーはその最たる例であり、運転する魅力を十分に引き出すことができる車と言えるでしょう。

センチュリー新型スペック

出典:トヨタ

トヨタセンチュリー公式

項目内容
車種センチュリー
全長5235mm
全幅1930mm
全高1505mm
ホイールベース3090mm
車両重量2360kg
エンジン5.0L V型8気筒ハイブリッド
最高出力375PS
最大トルク520Nm
燃費13.6km/L (WLTCモード)
駆動方式FR
トランスミッション電気式CVT
乗車定員4名
価格1960万円~5350万円
燃料タンク容量88L
最小回転半径5.9m
タイヤサイズ245/45R21
最小地上高155mm
荷室容量506L
安全装備Toyota Safety Sense
先進装備Advanced Drive
その他

センチュリーSUVスペック

出典:GQ-japan

トヨタセンチュリー公式

項目内容
車名センチュリーSUV
全長5341mm
全幅1930mm
全高1715mm
ホイールベース3090mm
車両重量2350kg
エンジン2.5L 直列4気筒ターボ + 電気モーター
最高出力375PS
最大トルク600Nm
燃費14.2km/L (WLTCモード)
駆動方式E-Four
トランスミッション電気式CVT
乗車定員4名
価格25,000,000円 (税込)

センチュリー中古安い理由の真相に迫る!中古車市場の裏側:まとめ

  • センチュリーは新車価格が非常に高いため、中古価格も相対的に低下しやすい
  • ボディーサイズが大きく、取り回しや駐車スペースの確保が難しいことが影響
  • 燃費が比較的悪いため、ランニングコストを気にする層に敬遠されがち
  • 高度な装備が故障のリスクを高め、修理費用が高額になることが価格を押し下げる
  • カラーバリエーションが少なく、市場での選択肢が限られている
  • リセールバリューが低いため、新車購入時の価値が急速に減少する
  • 需要が限られており、特に若年層からの需要が低い
  • 維持費が高く、特に車検費用や修理費が中古車価格に大きく影響
  • モデルチェンジの頻度が低く、古いモデルでも大きな価格差が出にくい
  • 修復歴や年式による価格差が大きいため、購入時に慎重な判断が求められる
  • 販売台数が少なく、市場に出回る中古車の数自体が限られている
  • センチュリー固有のイメージや特性が、特定の購買層以外には敬遠される傾向にある

-センチュリー, 国産車