買取

車の売却時「相見積もり」と「一括査定」で効率をよくするには?

結論、相見積もりを自動的にやってくれる「一括査定」が効率的である。更にその一括査定の中でも「営業電話」があまり来ないものがおすすめだ。では詳しく解説していこう。

車の売却で相見積もりは有効か?

相見積もりの場合、買取業社を数社選び査定をしてもらい、一番高いところに売却する流れになる。
査定方法は出張査定持ち込み査定の2つになる。(両者とも買取価格に変わりはない)

この2つの査定方法を使い相見積もりを掛け合わせて高額になるところに売却する。

出張査定を数社見つけて=相見積もり
持ち込み査定数社見つけて=相見積もり
出張査定×持ち込み査定数社見つけて=相見積もり

  • 出張査定
  • 持ち込み査定

出張査定

出張査定とは、自宅で車を査定してもらえるサービスになる。自営業で家からなかなか出られない人には嬉しいサービスとなっている。

出張査定のメリット

  • 店舗に持ち込む必要がないのでガソリン代金や時間の節約につながる
  • 車検切れや故障社など動かせない車の査定も実施できる
  • 話がまとまれば、そのまま引き取ってもらえる
  • ほとんどの業者が無料

出張査定のデメリット

  • スケージュール調整をしなくてはいけない
  • 場合によっては契約などで家に入れなくてはいけない

*出張査定に関するデメリットは上記のことくらいしかないので良い査定方法と言える。

持ち込み査定

買取専門業社の会社へ直接出向き、査定をしていただく。

持ち込みのメリット

  • 自分の都合で行くことができる

出張査定からみるとあまりメリットはない

持ち込みのデメリット

  • 買取業社を数社回るので時間と、経費がかかる(ガソリン代など)

業者との駆け引き

いざ査定になったときに、買取業社は毎日のようにお客と対峙しているので相当なプロである。そのプロに何も知識もないまま商談をしても勝ち目はない。そこで買取業社と会う前に少し知識を入れておいた方が良いだろう。この知識は「相見積もり」だけではなく一括査定でも同じことなので覚えておくことをお勧めする。

高値を引き出すポイント

  • 希望金額を最初に言わない(安いと見た場合それ以上の高値を出さないから)
  • ちょうどお客さんがいるので売って欲しいと言わても売らない(最後の相見積もりが出るまで待つ)
  • 車の内外装綺麗にしておく(後々傷などが発覚して減額されいないため)
  • ディーラーオプション、メーカーオプションを公式サイトなどで調べておく
  • メーカー純正パーツ、ETC、カーナビは査定に有利なのであれば言えるようにしておく
  • 記録簿があれば提出する(メンテナンスが良いと査定がアップする)

注意点として、事故歴修復歴のある車は必ず申告しよう。後から分かった場合業者とのトラブルが起こるのを回避しよう。

相見積もりのマナーについて

相見積もりをした際に、複数の業者に依頼することになるが、そのこと自体が「マナー違反」になることはない。
ただ、相見積もりをしていることは各業者に言う方が良いだろう。

業者の本音は「少しでも安く買いたい」と思っている。
相手が知識がないと思えば安い値段から交渉してくるのが定石である。

なのでこちらも数社に見積もりを依頼していることを伝えて、最高額を引き出す材料にした方が良いのだ。
競合がいるとなれば、どうしても最高額を出さざる得ないのでマナーのことは気にせずに交渉しよう。

マナーについて強いて言うのであれば、複数社に見積もり依頼をしていてある業者に決定した際には、速やかにお断りの連絡をしよう。

再査定の減額について

査定も終わり、買取金額も決まり、業者に車を引き渡して全てが終わったと思っていると「修復歴が見つかったので再査定した結果、〇〇万円の減額になります」といきなり言われる事例が報告されている。

依頼したユーザーにとっては、「査定のプロが見て決めたのに、なんで?」と思うのではないか。

そこで、後々トラブルにならないように最低限次のことを査定前に業者に必ず確認しよう。

取引前の確認事項(査定業者)

  • 再査定による減額はあるのか?
  • キャンセルペナルティーがあるのか?(キャンセル料目当てで、故意に再査定後に買い叩く悪徳業者がいる)

<この2つは必ず査定前に確認することをお勧めする>
※ 優良な業者は契約書内で再査定の減額をしない旨を記載している

そのほか気をつけたいのが、「瑕疵担保責任」である。

これは、売買契約時は修復歴が無いと契約していても後々そのことが発覚した場合、業者側が契約を破棄できるというもの。

売れた後に減額査定されて返金となると、かなり手間と精神的ストレスがかかるので、事故歴など悪い特徴も隠さず申告するのが良いだろう。

ただユーザーがそもそも事故歴や修復歴を知らない場合もある。知っていたにしても査定業者はプロの査定士なので、それを見抜けなかったことになるケースもあり、買取業者側に過失をあると判断され「瑕疵担保責任」を問われないこともあるので、下記を参考にしていただきたい。

契約後の車両の瑕疵を理由にした契約の解除や減額は、原則として認めなくてよい

査定して契約後、「よく調べたところ車には事故歴があることが判明したので、買い取り額を減額する」「修復歴があることがわかったので解約する」などと、事業者から、減額や解約を求められることがある。

車両に「隠れた瑕疵」があった場合、事業者は消費者に対し、瑕疵担保責任に基づいて損害賠償および契約解除を求めることができる。しかし、事業者は査定のプロであり、通常の注意を払えば修復歴などは発見することができるものであり、事業者側に過失があったということができる。このように過失があった場合には、瑕疵担保責任を求めることはできない。

また、「契約車両に重大な瑕疵の存在が判明した場合には、契約を解除することができる」といった、事業者の過失の有無に関わらず解除できる条文が契約書にあっても、この条文は消費者契約法第10 条(消費者の利益を一方的に害する条項の無効)によって無効とする主張が可能である。※1.車両の瑕疵を理由にして、契約後に買い取り価格を減額された場合には、この考え方をもとに交渉すること。

※1.この条文を使って、中古車売却時の契約条項を無効とした判決に、平成 18 年 3 月 10 日判決右京簡易裁判所平成 17 年(ハ)第 212 号(確定)がある。

出典:国民センター「増加する自動車の売却トラブル」より

車の売却で相見積もりとヤフオク併用はダメ

車の売却で相見積もりとヤフオクを併用をする方をたまに見かける。

これに関してはお勧めできない。

なぜならヤフオクでの車の売買はトラブルが多いし、素人同士での契約になるので書類関係のやり取りの不備や、現物の査定がしづらいなどメリットが非常に少ないからだ。またヤフオクの連携サービスで「カーオクR」というものもあるが、代行手数料で47,000円+落札価格の2.5%が取られるのでこれもコスパが悪過ぎるので使えるものではない。

やはり高価なものを売買するので、しっかりとした認定買取業者に頼むのが良いだろう。

中古車屋目線でオススメする買取業社はこの2社!

弊社でももちろん車の買取は行っている。それなのに競合他社をお勧めするのはおかしいのでは?と思う方もいるかもしれない。しかし現実、弊社に来るユーザーは中古車の購入が目当てで、買取目的でくることはまずない。なのであるとしたら下取りをすることくらいである。その際はあえて高額買取店で値段を出していただくことをお勧めしている。

その理由は先にも述べた通り、弊社は「中古車販売」がメインなので車を買取することにメリットがないからである。

そういったユーザーとのやり取りの中で、買取業社で一番嫌なこは何か?と聞けば、口を揃えて「しつこい営業電話」だという。
これは以前から言われ続けていることではあるが、最近ではその部分を改善してクリーンな買取方法を実践している業者を2社ご紹介しよう。

今回おすすめしたいのが、下記の2社である。ここは今までの一括買取業者の嫌な部分がないので大変オススメである。

オススメの買取業社

  • MOTA(モータ)
  • 楽天カーオークション
  • MOTA〜一括査定はするものの、査定額の高い上位3社のみからの電話
  • 楽天カーオークション〜オークション方式で競りながら値段を決める業者

また現在は、半導体や円高の影響で中古車市場が今までにないほど相場が盛り上がっている。最近弊社でもオークションに出品した30万キロ越えのランクル80(平成6年式)が116万円で落札されるなど驚く値段がついている。4年前に購入したこの方は購入当時より高く売れたことで利益が出たほどだ。本当に今は何が起こるかわからない。

中古車市場も右肩上がりに高騰している今は車の売却のチャンスだ。
このチャンスを見逃すのはもったいない。

MOTAの車買取

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

2度目に選ばれる”中古車買取一括査定」と謳っている通り、多数の買取店からの電話におわれ、比較する前に諦めて言われるがまま手放してしまった方にお勧めな買取業者になる。

これを使えば相見積もりを自分でやる必要は全くない。しかも無料。

MOTAの良いところ

  1. 高額査定の最大3社とのみと交渉なので、一括査定にありがちな電話ラッシュなし!
  2. 申し込み翌日 18時に、最大20社の査定結果がネットで見れる!
  3. ネット比較&高額買取店と交渉して最高額の買取店が楽にわかる!
  4. ラジオCMも放送中〜

高額査定した上位最大3社が出品者のお車を確認し、再度買取額を競り合うので、出品者からすると最高額での売却が期待できる!

電話ラッシュが嫌で、より高く車を売りたいならMOTAが良いだろう。もちろん相見積もりなんてこともせずに済む。全て業者がやってくれるのでネット登録など苦手な方にでも簡単である。

楽天カーオークション

WEBで完結!まずはかんたん申し込み

従来の中古車買取ビジネスは複数の中間業者がいたため、中間業者のマージンが発生し、本来の買取価格より低い値段で買取させるケースが多かった。そこで楽天カーオークションでは中古車販売店と買取して欲しいユーザーをダイレクトにツつなぐことで、より高値で売却を可能にしている。もちろん営業電話など一切なし。しかも一部上場企業の「楽天」がやっていることにも信頼感がある。

楽天カーオークションの良いところ

  1. オークションだからこそ、相場より高く売れる可能性がある!
  2. 一括査定のように営業電話に悩まされることもない!
  3. 出品や書類手続き、陸送手配も全て楽天にお任せ!
  4. 楽天IDがあれば、簡単1分で申し込み完了

また、車の検査、オークション出品、書類の手続き、車の引き取りも全て無料。売れた後に「いろんな手数料引かれていた」なんてこともない。車の最低落札価格も自分で設定できるので、不本意な値段で売買されることもないことも安心である。

車の売却は「相見積もり」「一括査定」のまとめ

いかがだったろうか。

結論、相見積もりを効率良くする方法として「しつこい営業電話がない」「相見積もりも業者間で勝手に済ませてくれる」「会社的にも信用度が高い」ものを車屋目線で紹介させていただいた。

また、未だに新車の販売にブレーキがかかり、円安も今日現在(9/8)で144円を突破していることを考えると、この業界は完全に売り手市場になっている。車を売りたい、乗り換えたいユーザーにはこれほどのチャンスはないだろう。

-買取